エコステージ取得

弊社では2008年5月にエコステージを取得いたしました。

そもそも環境マネジメントシステムを取得しようと考えたのは地域の方々の不安を払拭させたいという、社長の強い思いがあったためです。農業や漁業が盛んな地域での工場建設に対して環境への悪影響を危惧する声は少なくありませんでした。

もともと鋳型中子製造業は、産業廃棄物が非常に少なく、水を汚す心配も無いのですが地域住民や周辺企業の方の心配を取り除くことは容易ではなく、そこでエコステージの取得を思い立ったというわけです。

取得をきっかけに、我々の取り組みを近隣住民や自治体の方に真摯に説明することでご理解をいただき、一色町初の工業用地となる坂田新工場の設立に至りました。

今後は自社の規模に合わせてエコステージ2を取得すること、グリーン調達基準を満たすことでサプライチェーン全体の環境負荷低減に貢献することを目標としています。

 

管理部長 鳥山 暁央