HOME中子とは

中子とは

 中子とは、中に空洞(くうどう)がある鋳物を造る時に空洞にあたる部分として、鋳型(いがた)の中にはめ込む砂型です。
 特に複雑形状なものを鋳造する時に使用されるもので砂で造られています。
 主型と呼ばれる鋳型の中に、砂型(中子)を入れ、鉄を流し込むことによってカタチを造り、最後に砂型を崩壊することによって複雑な形状が造られるのです。
 約1700〜1800度という高熱に耐えられるように特殊な配合の砂を使用しており、半冷却後、ショックを与えて砂を取り出すために工夫が重ねられています。したがって、中子一個一個がすべて消耗品なのです。
 しかし、その精度はとても重要であり強度や耐熱性に加えて崩壊性の良さが厳しく要求されています。

製品紹介

自動車関係
農機具関係
公共事業関係

鋳物が出来るまで


  • 中子を主型にセット
    した状態
    (うす茶色が中子です)

  • 湯(溶かした鉄)
    を入れます

  • 中子は崩壊して
    砂に戻ります
    (鋳物の中に空洞が完成)

 写真提供 丸万鋳工株式会社様 

このページのトップへ